京急品川付近連立工事を観察(北品川駅-品川)②2023年9・10月

京急品川付近連立工事
品川第一踏切道付近の工事ヤード(掘削中)

京浜急行電鉄、泉岳寺駅ー新馬場駅で行われている連続立体交差事業を

北品川駅から品川駅までの駅間で観察してみました(2023年9月・10月)

北品川-八ツ山橋

品川第二踏切道

廃止予定の品川第二踏切道。左側に仮囲いが設置されている状況。

品川第一踏切道

品川第一踏切道。
写真には写っていませんが、品川第二〜品川第一踏切道間は仮囲いが設置されています。

八ツ山橋付近

八ツ山跨線線路橋

コンパクトな緑色の鉄橋で馴染みのある八ツ山橋。
奥には建設ラッシュの高輪ゲートウェイが確認できます。

品川第一踏切道付近の工事ヤード(掘削中)

品川第一踏切道そばの作業ヤードでは新八ツ山橋(仮称)の基礎工事が行われていました。

新八ツ山橋(仮称)CG再現

都市計画図や報道発表資料をもとに橋を再現してみました。
JRの線路を10本跨ぎ、隣接する京急線と京王品川ビルの間に橋を架設する作業は、今回の事業の象徴になりそうです。

八ツ山橋-品川

高架下の様子

八ツ山橋から品川駅にかけて高架下は工事資材置き場になっていました。

旧品川電車区跡地

JRと京急線の間にある旧品川電車区の跡地に設けられた作業ヤード。
2022年は更地が目立つ状態でしたが、

京急線北品川ー品川車窓

灰色の構造物が複数設置されているのを確認しました。

JR山手線品川ー大崎間車窓

高さは京急の高架橋と同じくらいで、既設高架橋を仮設に変更するものかな?と思いましたが、現場の環境から考えて、新八ツ山橋を構築・架設するための作業構台ではないかと予想してみました。

まだ確定した訳ではないので、状況が変わったらまた見にいきたいと思います。

以上北品川ー品川の工事の状況をまとめてみました。

地上に駅を作り踏切をなくす謎工事を観察2023 | 京急品川駅付近連続立体交差事業

上記動画verでは工事の様子を全区間に渡り紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました